腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは腎臓病の進行ペースを遅くさせる事

腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので血液の濾過作用がうまくおこなわれず、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に居座りつづけるようになります。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く恐れがあります。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を常にキープする事が入り用なのです。腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、体調を良好に保つことにあります。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法次第で腎不全への進行を遅らせることができ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。加えて、透析を始めても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は非常に重要な治療法です。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から作り出される老廃物で、腎臓に達してろ過された後尿と合わせて体外へ排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、当然クレアチニンの数値も下がります。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの度量が多くなるため、本来の値よりクレアチニン量が低下します。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担を与えてしまいます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日換算で約30g~40gです。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分以外に水分の制限も付随してきます。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば塩分の制限のみ行う事となります。制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病を患う方にお勧めしたい、低たんぱくの特殊食品があります。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が下がっていくに従い、より厳しく食事を管理する必要があります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限も伴います。自己の判断で適当に献立を決めずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。非常にうまくいくと、腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせられたりするのです。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法に関しては、患者が自ら自発的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒腎臓病食事宅配