糖尿病の食事療法はカロリー制限が基本!

さまざまな種類の栄養素を適切な量摂ることが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内である事が大事であり参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。私立ちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、栄養素が多くふくまれる種類によって、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、食品の重量を掲載していますが、その基準は1単位80kcalです。食品交換表を基に普段の食事を意識すると、献立への迷いも払拭できるでしょう。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンに異常が見られ、血糖値が中々下がらなくなる病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって体重に加え血中の状態(血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)・血糖・血清脂質)のバランスを良好に保つことで、たとえば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、健康な人と同様に活動的な日常生活や実り多き時間を過ごすことです。食事療法を始めとした治療が適切に行われれば、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化症など)も回避できます。糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、スポーツも中々できる時間がない」と思っている人も多いでしょう。糖尿病予備軍といわれている間は無自覚なため、予防のための注意を払うことは少ないかも知れません。糖尿病の予備軍から境界型になってくると、だんだんと自覚症状も出てきます。上昇した血糖値を下げるために欠かせないホルモン、インスリンが出にくくなったりする変化は、糖尿病予備軍の段階から見受けられます。体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。普段わたし立ちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)・血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、「体内時計」によって大きく作用します。毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。聞きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」をさします。「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと効果の関わりについて新しく研究する分野です。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。3食バランスよく食べて、食事は少なめにすることが重要になります。最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないと言うことです。糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当と食事の量を半分にすることを、提言しています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜やお魚・お肉なども豊富に摂取しましょう。もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、1日20単位の食品と交換できますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。皆さんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には掲載されています。日常的に、カロリーや栄養素を掌握しておくと便利です。また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、食べるタイミングを間ちがえると低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。時節の変化を取り入れた献立造りや、上手な外食の仕方をおぼえて、食事療法を豊かにして下さい。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまいます。食事にかける時間は、忙しくても20分は取ることです。食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。多忙なシゴトの合間に、短時間での食事摂取は回避しましょう。食物繊維は血糖値を下げる作用を促しますので、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂って下さい。糖質が多くふくまれるポテトやコーンを摂取する場合は注意が必要となります。人は歳と伴にインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。そのため、血糖値が上昇しやすくなります。特に食後は、ブドウ糖(水に溶けやすくて甘く、果物や蜂蜜、炭水化物などにも含まれているでしょう)が一気に体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。食物繊維が多量にふくまれたゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。食事や麺類といった炭水化物にふくまれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、体の中におけるブドウ糖(水に溶けやすくて甘く、果物や蜂蜜、炭水化物などにも含まれているでしょう)の吸収を緩和します。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと大抵の患者さんは捉えます。でも、もし糖尿病になってしまっても、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」のための、通常とは違ったメニューがあるのではなく、食品にふくまれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを考えながら実践することが目的になります。もともと食事療法の目的は、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、一般の健康な方立ちにおもったより必要なことなのです。糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、その状態が継続、悪化してしまうと多彩な合併症を誘発します。適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、治療には食生活の見直しと改善が必要です。糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。お世話になってるサイト>>>>>糖尿病 食事療法